内視鏡検査

内視鏡検査について

内視鏡検査とは

内視鏡検査とは、細い管状のカメラを口や鼻などから挿入し、消化管の中を直接観察する検査です。
炎症や潰瘍、ポリープや癌など、様々な消化管の疾患を診断するのに欠かせない検査です。

上部消化管内視鏡(胃カメラ)について

胃カメラには、口から管を挿入するタイプと、鼻から細い管を挿入するタイプがあります。
経鼻内視鏡は、鼻から挿入しますので、吐き気が起こりにくく、会話ができるのが特徴です。
一方、経口内視鏡は各種の処置がしやすく、画像の情報量も多くなります。
当院では苦痛の少ない経鼻内視鏡(鼻からの胃カメラ)を導入しています。

検査の流れ

検査前日

夕食は、夜9時までに、消化の良いものをとってください。
早めの就寝を心がけましょう。
水分(お茶やお水など)は、検査当日の午前6時半まで可です。

検査当日

朝食はとらずにご来院ください(朝の薬がある場合には指示に従ってください)。

検査中

ベッドに左向きになった状態で検査を行います。
個人差はありますが、検査時間は5~10分位です。
内視鏡のモニターを見ながら質問したりできます。
診断を確かめるために組織を採取したりすることがあります。

検査後

検査終了後、すぐに結果の説明をいたします。
詳しい検査結果は後日のご報告となります。
通常は約1時間後に食事ができます。

内視鏡検査は予約制となっております。

直接ご来院いただいてご予約いただくか、お電話でご予約ください。
電話番号 052-444-1064